施術中寒くなるのはなぜ?

こんにちは!

頭をほぐして笑顔を増やしたい(^^)

ヘッドスパニストのメグミです。

 

施術中や施術直後に

身体をほぐして血行がよくなったのに

寒気がすると感じたことはありませんか?

 

 

これは好転反応によくみられる症状なんです。

 

「弛緩反応(しかんはんのう)」と言って

身体のコリがほぐれ、急速に筋肉が緩むことで

身体のダルさ(倦怠感)や眠気が襲ってきたりします。

 

一気に血行がよくなって火照ってくると

身体がビックリして、クールダウンしようと脳に働きかけることで

寒気やふるえが襲うこともあるようです。

 

 

好転反応として他にも

「過敏反応」

「排泄反応」

などがあります。

 

「過敏反応」

過敏反応は治療した箇所が治療したのにもかかわらず、

痛みやかゆみ、炎症などを起こすといわれています。

 

過敏反応が起こる原因は治療した箇所に血液が流れ込んで、

体中の壊れた組織を作り変えようとしているためです。

 

「排泄反応」

排泄反応は体に溜まった毒素や老廃物を体外に排出しようという動きのことです。

汗、尿、便、皮膚に反応が現れます。

 

施術中に中断して3回トイレに行ったお客様もいらっしゃいます(^^)

施術後は老廃物が流れやすくなっているので

いつもよりも水分は多めにとる事をおススメしています。

水分を大量に取ることで体外に老廃物や毒素を運び出す運動を促してくれます。

 

 

 

筋肉の緊張がほぐれ、

血行やリンパの流れがよくなることで、

上記以外にも頭痛・鼻づまり・生あくび

といった症状が出たりする事もあります。

 

こういった反応は滞留した疲労物質をいち早く体外に出すという意味で、

表面だけでなく体内までスッキリさせてくれます。